栃木県北部のお寺・宗派の特徴

栃木県の寺院をみてみましょう。
『全国寺院名鑑』(全日本仏教会寺院名鑑刊行会)によると、栃木県の宗派別の割合は以下の通りです。

 

 

県北部
(今市・大田原・黒磯)

県中部
(宇都宮・真岡)

県南部
(小山・佐野・足利)

天台宗

14%

13%

1

真言宗

30%

40%

45%

曹洞宗

25%

16%

18%

臨済宗

2%

2%

9%

浄土宗

10%

11%

6%

浄土真宗

9%

7%

2%

日蓮宗

6%

9%

5%

時宗

4%

2%

4%

 

 栃木県全体を通して、真言宗、曹洞宗、天台宗の順位はかわりません。この三つの宗派で7割をしめています。 一方、浄土宗・浄土真宗は少なく、栃木県南部では1割もありません。
これは栃木県の特徴的な比率です。
真言宗や曹洞宗は墓石を建てる宗派ですので、比較的に古い墓石が残されています。 調査においては大きな味方になってくれます。

 

栃木県北部のお寺

【栃木県那須塩原市(旧黒磯市)、那須町、で多い宗派 】
旧黒磯市、那須町にある寺院は31箇寺。内訳は真言宗智山派10箇寺。高野山真言宗7箇寺。曹洞宗7箇寺。浄土宗、日蓮宗がそれぞれ2箇寺。
浄土真宗、真言宗大覚寺派、天台宗がそれぞれ1箇寺。真言宗が18箇寺と約60%を占めているのが特長と言えるでしょう。
ご本尊様は大日如来、両脇に高野山は不動明王、弘法大師。智山は興教大師、弘法大師をまつる。※お寺によって違いもありますので、詳細芭菩提寺様へご確認ください。