お仏壇の豆知識

お仏壇の豆知識 · 22日 10月 2022
仏壇の中に置く物と設置場所についてお話しいたします。仏壇の中には、ご本尊様とお位牌だけでなく、花立て、燭台、香炉などの仏具を設置して、はじめて完成となります。仏壇に仏具を飾ることを【荘厳(しょうごん)】するといいます。荘厳とは、サンスクリット語で【配置されていること】を指します。仏具を飾ることではじめて仏壇となるのです。ご本尊様や揃える仏具は宗派によって異なることと、仏具の素材や大きさは仏壇のサイズなどに合わせていただくとよいでしょう。次に仏壇の置き場所について2点ほど注意点がございます。南向きや東向きが良いということを耳にしますが、実際は方角について決まりはありません。ただ、陽のあたりやすい場所は、仏壇の劣化を招くことがありますので、おすすめできません。その次にご自宅に神棚がある方は神棚と向かい合わせにすると、片方に正対すると、片方に背中を向けてしまうため、それも避けた方がよいです。
お仏壇の豆知識 · 22日 10月 2022
仏壇とは、ご本尊様(信仰の中心となる仏像)とご先祖様をお祀りするものです。仏壇の始まりは、飛鳥時代までさかのぼります。古来より人々は、寺院にて礼拝する風習がありました。しかし、当時の貴族や役人は毎日のように寺院にいくことができないため、寺院の本堂を小型化したものを自宅に置き、手を合わせていました。これが仏壇の始まりです。当時は、貴族や役人という身分の人たちしか置くことができなかった、とても高価なものでしたが、それが時代とともに庶民にも広まり、今の普及につながっています。つまり、仏壇とは小型化した寺院にご本尊様やご先祖様をお祀りし、礼拝するところになります。現代では、ご先祖様をいつも身近に感じていたい。ご先祖様を大切にしたいという思いから、自宅に仏壇を置く人も増えています。最後に設置にあたり、仏壇=寺院という考え方から、開眼供養(かいげんくよう)と呼ばれる式が行われます。これは、仏壇に魂を入れることを指します。仏壇を購入したら、御住職に来ていただき、入魂をしていただきましょう。
お仏壇の豆知識 · 25日 5月 2022
【那須塩原市の仏壇文化】 皆さん、実家などでよく見かける仏壇ですが、実は仏教を信仰している国ならばどこにでもある物ではなく、日本独自の文化であることをご存知でしょうか?さらには、国内でも地域ごとに特徴があります。本日は、この仏壇の文化についてお話ししていきます。 ■仏壇とは?...
お仏壇の豆知識 · 23日 4月 2022
本日は、お仏壇の中に祀られているご本尊についてお話しいたします。一般的には、3人が祀られております。これは、【三尊仏(さんぞんぶつ)】と言って、中央のご本尊(主尊・中尊)と左右に脇侍(きょうじ)と呼ばれる3人の仏像からなるものです。宗派によって祀られるものは違います。お仏壇の中に祀るご本尊は、木彫りのものや掛け軸のものが多く、1体1体、もしくは1枚、1枚、祀ります。昨今は、上置きタイプの仏壇を選ばれる方も多く、コンパクトな作りで中の作りが狭いため、写真のように三尊仏を1つにまとめたもので祀ることもあります。仏壇が大きくないので、3人を祀ると中が狭くなってしまうという方には、こちらのタイプがおすすめです。お仏壇の大きさによって選んでください。
お仏壇の豆知識 · 12日 1月 2022
本日は、お仏壇のお話しです。ご自宅にあるお仏壇ですが、四十九日の間は閉める?閉めない?の質問をとても多くいただきます。そのご質問にお答えいたします。これは諸説ございますし、お寺の教えによっても変わることがあります。どちらにも理由がございますので、ご説明させていただきます。まずは、【閉めない】という説ですが、お仏壇の中にはご本尊様が祀られています。ご本尊様は、皆さんや家全体を見守ってくださる存在です。常にご本尊様が家の中を見渡せることができるように開けておくという言われがあります。次に【閉める】という説ですが、昔は人の死は【穢れ】とされていました。穢れがお仏壇の中に移らないように扉は閉めると言われていたことが、閉めるという風習につながっております。どちらも間違いではありませんので、皆さんの菩提寺のご住職に相談してみるのも良いと思います。本日はお仏壇の扉を閉める、閉めない?のお話しでした。