お仏壇の豆知識

お仏壇の豆知識 · 25日 5月 2022
【那須塩原市の仏壇文化】 皆さん、実家などでよく見かける仏壇ですが、実は仏教を信仰している国ならばどこにでもある物ではなく、日本独自の文化であることをご存知でしょうか?さらには、国内でも地域ごとに特徴があります。本日は、この仏壇の文化についてお話ししていきます。 ■仏壇とは?...
お仏壇の豆知識 · 23日 4月 2022
本日は、お仏壇の中に祀られているご本尊についてお話しいたします。一般的には、3人が祀られております。これは、【三尊仏(さんぞんぶつ)】と言って、中央のご本尊(主尊・中尊)と左右に脇侍(きょうじ)と呼ばれる3人の仏像からなるものです。宗派によって祀られるものは違います。お仏壇の中に祀るご本尊は、木彫りのものや掛け軸のものが多く、1体1体、もしくは1枚、1枚、祀ります。昨今は、上置きタイプの仏壇を選ばれる方も多く、コンパクトな作りで中の作りが狭いため、写真のように三尊仏を1つにまとめたもので祀ることもあります。仏壇が大きくないので、3人を祀ると中が狭くなってしまうという方には、こちらのタイプがおすすめです。お仏壇の大きさによって選んでください。
お仏壇の豆知識 · 12日 1月 2022
本日は、お仏壇のお話しです。ご自宅にあるお仏壇ですが、四十九日の間は閉める?閉めない?の質問をとても多くいただきます。そのご質問にお答えいたします。これは諸説ございますし、お寺の教えによっても変わることがあります。どちらにも理由がございますので、ご説明させていただきます。まずは、【閉めない】という説ですが、お仏壇の中にはご本尊様が祀られています。ご本尊様は、皆さんや家全体を見守ってくださる存在です。常にご本尊様が家の中を見渡せることができるように開けておくという言われがあります。次に【閉める】という説ですが、昔は人の死は【穢れ】とされていました。穢れがお仏壇の中に移らないように扉は閉めると言われていたことが、閉めるという風習につながっております。どちらも間違いではありませんので、皆さんの菩提寺のご住職に相談してみるのも良いと思います。本日はお仏壇の扉を閉める、閉めない?のお話しでした。